伊根町災害ボランティアセンター設置運用訓練

     平成29年度 伊根町社協災害ボランティアセンター設置運用訓練(開催要綱)

1.(目的)
 平成27年度に伊根町社会福祉協議会は伊根町と災害時におけるボランティア活動等に関する協定書を締結し、平成28年度には災害ボランティアセンター運営委員会を開催し、関係者において災害ボランティアセンターの役割について平常時から研究協議を行ってきました。今年度は、京都府災害ボランティアセンターが作成した「災害にも強いまちづくり」として設置運用ポイント集を活用しながら設置運用訓練を行い、実際の運営の検証をするために開催します。

2.日  時  平成30年2月25日(日)午前8時45分から正午まで


3.場  所  伊根町立筒川文化センター 体育館(伊根町本坂279番地)
        電話番号 (33-0161)


4.訓練の考え方及び参加協力者

(考え方)
 本来は、伊根町総務課防災担当と協議を行い、行政の防災訓練日に合わせて合同訓練を行う方が住民に対してより周知できると思いますが、今回初めての立ち上げ訓練であるため、第1回目は社協の災害ボランティアセンター運営委員を基に以下の方に協力を求め実施します。

<参加協力予定者>
・伊根町民生児童委員協議会
・筒川地区区長協議会
・災害ボランティアセンター運営委員
・社協正副会長役職員
・福祉有償運転手
・登録ヘルパー
・福祉サービス利用援助事業支援員
・京都府災害ボランティアセンター職員
・2市1町宮津市、京丹後市、与謝野町の社協職員(近隣の社協職員にも参加を依頼し、他町から災害ボランティアセンター支援活動に来た想定で、受付業務や被災地への調査に行く想定として協力していただきます)


5.内  容 (訓練想定)
 2日前に襲来した大型台風の豪雨により筒川地区の府道、町道やその周辺地域の民家が浸水被害となった。伊根町災害対策本部と連携し、被害状況から災害ボランティアセンターを筒川地区文化センター体育館にて立ち上げ、現地の情報収集及び外部からのボランティア受付を行いスムーズなニーズ対応が行える訓練とします。

<時系列>

08時45分 筒川文化センター体育館集合

09時00分 伊根町社会福祉協議会長 あいさつ
      伊根町災害ボランティアセンター運営委員会長あいさつ

09時10分 全体打ち合わせ オリエンテーション

09時45分 災害対策本部より災害ボランティアセンターの立ち上げ要請が入り社協会長より運営委員会長へ伝達。運営委員会長より災害ボランティアセンター長に指示がでる。

10時00分 災害ボランティアセンター立ち上げ

(当日、参加していただいた皆さんはオリエンテーションにおいて説明した班に分かれて訓練します)


11時00分 災害ボランティアセンター終了

各班において反省会

全体での反省会

11時45分終了解散  閉会あいさつ

※上記の時系列は予定です、実際は時間が変動する場合もあります。