伊根町災害ボランティアセンター設置運用訓練

     平成30年度 伊根町社協災害ボランティアセンター設置運用訓練を開催しました

 平成27年度に伊根町社会福祉協議会は伊根町と災害時におけるボランティア活動等に関する協定書を締結し、平成28年度には災害ボランティアセンター運営委員会を開催し、平成29年度には第1回災害ボランティアセンター設置運用訓練を関係者の協力によって開催しました。今年度は、昨年度の課題と振り返りを含めて実際の運営の検証をするために開催しました。

2.日  時  平成30年12月2日(日)午前8時30分から正午まで

3.場  所  伊根町老人福祉センター泊泉苑(伊根町泊1番地)
        電話番号 (32-0176)

4.訓練の考え方及び参加協力者

(考え方)
 昨年度初めて設置運用訓練を行い課題が見つかりました。本年度は地域住民の皆さんに参加を求め、災害ボランティアセンターの役割を知っていただくために以下の方に協力を求め実施しました。

<参加協力者> 60
・伊根町民生児童委員協議会
・朝妻地区区長協議会
・朝妻地区区民
・災害ボランティアセンター運営委員
・伊根町防災担当者、伊根町保健福祉課担当者
京都府災害ボランティアセンター職員
・京都府社会福祉協議会職員
・2市1町宮津市、京丹後市、与謝野町の社協職員(近隣の社協職員にも参加を依頼し、他町から災害ボランティアセンター支援活動に来た想定で、受付業務やマッチング、資材の引渡し業務に協力していただきました。)

5.内  容 (訓練想定)
 2日前に襲来した大型台風の豪雨により朝妻地区の国道、町道やその周辺地域の民家が浸水被害となった。
 伊根町災害対策本部と連携し、被害状況から災害ボランティアセンターを伊根町老人福祉センター泊泉苑にて立ち上げ、現地の情報収集及び外部からのボランティア受付を行いスムーズなニーズ対応が行える訓練を行いました。

6.訓練の様子

開会式
オリエンテーション 被災者宅へニーズ訪問(寸劇)
訓練スタート
受付 マッチング
マッチング2 ボランティア活動マップ 行き先確認
反省会A 反省会A班反省会B 反省会C
     
123 123 123